不動産担保ローンで工夫したい実務面

不動産担保ローンに申し込んでいるのに、なかなかうまくいかないという人は、実務内容を見直す必要があるかもしれません。

申し込み申請は、ノンバンク系と銀行系とでは、申込みに際して審査基準が違いますから、実務内容に工夫が必要なんです。

そして何より審査に数ヶ月と何かと時間がかかります。

やはり不動産の担保価値を調査するのだから仕方ないと思っていると、融資が必要な時になかなか融資が受けられずに困ったという経験のある人もいるでしょう。

実務としては、まず最初の相談の段階で、不動産土地建物謄本や、地図、債務者側の会社の謄本などに加え、資金の使途がわかるような書類を準備したいところです。

新規取得、借り換え、運転資金といった程度でいいので、一度書類にまとめてみるといいでしょう。

また、担保に設定したいと思っている物件が収益が出ている場合は、レントロールの詳細や、毎月の収益状況、空き室情報なども合わせて、書類を作成しておけば、不動産担保ローンの申請にかかる時間をスピードアップすることができるようになります。

この際、抵当権がすでにある物件に関しては、返済表、残債額なども合わせて明記したいとこです。

公図や地積測量図も必須です。

Comments are closed.