不動産担保ローンで問題になるポイント

不動産担保ローンを設定する際、問題になる点を整理してみましょう。

一つは、手持ちの不動産の担保価値があまり高くないケースでしょうか。

思ったような融資額にならない、融資が実際に降りるまでに複雑な調査が必要になるため、時間ばかりがかかってしまうというケースです。

こういった時には、急ぎならば、不動産担保ローンをあきらめ、少額の無担保ローンを申し込むか、時間がかかっても利率が低く抑えられる不動産担保ローンが通るまで待つかといった選択が考えられます。

担保価値として問題点がある物件では、思ったように低い金利の不動産担保ローンが受けられないこともあるかもしれません。

注意が必要です。

担保を設定する以上、返済が滞れば不動産を失う可能性があります。

当たり前のことですが、家族で生活をするマイホームを失うことのないよう、計画的な利用が最も重要なポイントになってきます。

どちらにせよ、不動産担保ローンでは、ローン契約をする金融業者側との間の内容次第ですから、手持ちの不動産がどの程度の担保価値があり、どういったローンが可能になるのか、話し合いをしながらローン契約を結ぶかどうかを決定していくことが大切でしょう。

Comments are closed.